淡江大学中国語センター


TOP

遠隔正規中国語プログラム

遠隔正規中国語プログラム

  • 「DLCP」(長期)と「DLCP・春」(短期集中)の二種類があります。
  • 長期学習で、基礎から学びたい方は本ページの「DLCP」紹介をご参照ください。
  • 短期集中研修は「DLCP・春」公式サイトをご参照ください。
DLCP申し込み

【DLCPについて】

1.開講日:奇数月の最初の月曜日

2.人数:最少5名から、最大8名まで

3.授業時間:月曜、水曜、金曜日。朝9:40-11:30(日本時間)

4.受講期間:8週間/学期
5.総合時間数:48時間

6.費用:12,000NTD(2020年10月のレードにより、約45,000円になります。)

7.申込締切日:当月の開講日の一週間前まで

8.授業はGoogle Meetを使用するため、パソコンでの受講を勧めます。

【テキスト】

1.《時代華語》を使用します。台湾の七大中国語センターが共に編集したものとなります。

2.中国語を基礎から学んで、台湾華語(中国語)能力検定試験(TOCFL)が合格できるようにサポートします。

【教師】

1.台湾華語(中国語)の母語話者。

2.本センターの専門教師が教授します。

3.オンラインと実体授業の経験あり、教学時間数が250時間以上を達しています。

【2022年課程異動 コース変更】
*01.03~01.28、12回の授業は2.5時間

*3.07、14、21、28、4回の授業は2.5時間

*9.05、12、19、26、4回の授業は2.5時間

【DLCPの特色】

【対象】
1.新型コロナウイルス感染症の影響で来台できない中国語学習者。

2.台湾で中国語を学んだことがあり、帰国した後も学習を続けたい方。

3.子供に繫体字を学ばせようとする親。

4.台湾華語(中国語)能力検定試験(TOCFL)を受けようとする中国語学習者。


【教学】
1.目標を設定して、基礎から学習します。

2.完備したデジタル学習の媒介をご提供します。

3.教学の内容は繫体字となります。

4.少人数編成クラスでコミュニケーション能力を育成する。オンラインで全中国語の環境を有する。

5.台湾華語(中国語)能力検定試験(TOCFL)を目指します。

6.将来、台湾での学習が繋がれるためのコース。
 

【返金処理①ー最低開講人数に達しない場合】

最低開講人数に達しない場合、全額返金になりますが、銀行の手数料(当日のレートにより変動します)は申請者自己負担になります。他のコースに変更することをお勧めします。
 

【返金処理②ー最低開講人数に達した場合】

台湾教育部が公表した「専門学科以上の学校教育推進実施方法」により、
1.新学期が始まる前に90%の学費を返金することになっております。
2.新学期が始まり、1/3の日数に未満の際、50%の学費を返金することになっております。
3.新学期が始まり、1/3の日数を超えた場合は返金することはできません。

 

Note

スケジュール

期間 開講日 最終日
2022 1 1/3~2/25 2022-01-03 2022-02-25
2022 3 3/7~4/29 2022-03-07 2022-04-29
2022 5 5/4~6/29 2022-05-04 2022-06-29
2022 7 7/4~8/26 2022-07-04 2022-08-26
2022 9 9/5~10/31 2022-09-05 2022-10-31
2022 11 11/7~12/30 2022-11-07 2022-12-30
申し込み
2021台湾の祝日:
春節 2/10-2/21
228平和紀念日 3/1
清明節 4/2、4/5
端午の節句 6/14
中秋の名月 9/20、9/21
国慶日 10/11